Webアプリを開発するのはWebエンジニア

Webエンジニアの仕事内容はECサイトやSNSなど、Webサイトやモバイルサイトで使うアプリケーションの開発です。
それだけでなくWebサイトを設計・構築したり、運営や保守、管理までを行ったりします。
Webシステム開発者の需要は年々増加していて、求人ではWebアプリケーションで多く用いられる PHP、Java、Perl、Rubyなどのスクリプト言語での開発経験が重要視されるでしょう。
また近頃はLinux、Apache、MySQL、PHPの環境下でのシステム開発が増えています。
これらは頭文字を取ってLAMP(ランプ)と呼ばれていますが、今後はこの開発経験も注目されていくでしょう。
開発者は幅広い仕事内容の上に短期間で次々と開発をしていく必要があります。
そのためエンジニア1人がプログラミングに始まり、システム開発、顧客との協議、納期の管理まで全てこなす必要がある場合があるのです。
それから開発者以外にもさまざまな業務があります。
例えばWebデザイナーと共にWebサイトをシステム側から支える業務も、Webエンジニアの仕事のひとつです。

そしてWebデザイナーの仕事内容は、Webディレクターから指示されたものを元に期日までにデザインを起こします。
一般的にサイトのデザイン案をPhotoshopやIllustratorを使って描き、Dreamweaverなどを使ってレイアウトしていきます。
これらの制作用ソフトを使えることはもちろん、HTMLやCSSの知識も必要でしょう。
最近ではそればかりか、JavaScriptやFlashの経験を求められることもあるようです。

2019年11月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ