どちらのスキルもあると良し

現在のWebエンジニアには、Webデザイナーの様な仕事内容のスキルが求められていると私は感じます。
Webデザイナーの持つ、人に与える心理的なテクニックは、システム開発にも影響を与えるからです。
そもそもWebエンジニアが開発するWeb開発の仕事内容は、利用されなければ効果を発揮することはできません。
つまり、魅力的に目に止まり、利用のしやすさを追求するデザイナーの持つノウハウがとても重要なのです。
Webデザイナーの持つデザインセンスは、システム開発におけるデザインセンスにも良い影響を与えてくれるでしょう。

WebエンジニアとWebデザイナーが共通して持ち合わせている姿の中に、無から生み出す創造力と表現力があります。
この点を重点的に磨き上げれば、仕事内容はそれほど難しい内容ではありません。
Webエンジニアの中には、デザインが苦手な人もいるでしょう。
また、Webデザイナーの中には、プログラム言語を扱ったシステム開発が苦手な人もいるでしょう。
採長補短と言う言葉が示す様に、得意な分野を伸ばし、苦手な知識を補って行く行動力も大切です。
この二つのスキルを押さえていれば、あらゆる場所で仕事を受け持って行くことができるのではないでしょうか。
この二つのスキルは、Webが存在する限り半永久的に求められるスキルです。
Webに関わる多くの専門学校では、片方のスキルを教えている事が一般的のようです。
そのため、両方のスキルを押さえている人材は、貴重な存在であり、良い待遇で仕事を引き受けることができる可能性を秘めているといえます。
この両方を持ち合わせている人は、独立して仕事を行なっていくことも夢ではないでしょう。

2019年12月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ